読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼたんえびの雑記

クラシック音楽を中心に適当な事をだべるサイトです。どうか気軽にお読みくださいm(_ _)m

ハイティンク

指揮者

私の最も好きな音が鳴るオーケストラはアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団である。

なぜ旧称を用いるのか、お分かりだろうか…

 

録音でも一聴同然。

ベルナルト・ハイティンク(1929〜)の音楽監督勇退後、すなわちコンセルトヘボウの名前にロイヤルが冠され今の名称になった、それ以前の

フランスの楽団ほどは華美ではない、

イタリアの楽団ほど軽やかではないし、

ドイツの楽団ほどは重厚ではない。

ウィーンの楽団ほど柔らかくもない。

チェコの楽団ほど木質で鄙びてもないし、

アメリカの楽団ほど洗練されてもいない、

ロシアの楽団ほど濃厚でもない

だがしかし、全てが水準以上。

 

この痒いところに手の届くような丁度いいサウンドが少しシャープで軽めの音に変わった。華やかさが増し、より洗練された。これはひょっとするとオーケストラとして進歩したとも言えるかもしれない、しかしそれはもうあの丁度いい塩梅の音ではない。

 

当時の録音を聴くだけでも、ハイティンクがいかに優れた耳とバランス能力に長けていたかの証明が可能だ。彼は日本では超絶人気が無いらしいが、毎度毎度人気指揮者達の個性的な演奏に触れてばかりいるとそれしか受け付けられなくなり、楽しみの幅が狭まってしまう。

 

私が最も避けたいのはそうなってしまうことであり、だからこそ偏った感覚にならないように日頃から少し気を使っている。超個性的なジュリーニムラヴィンスキーが好きに加え、最近フルトヴェングラーテンシュテットが流行中の私にとってのハイティンクは重要な存在。

 

曲のニュートラルな姿を現して聴かせてくれるからだ。こういう「ちゃんとした」指揮者、私の足りない頭で他にパッと思いつくのはジョージ・セル、フリッツ・ライナー、ブロムシュテット、プレヴィン、デュトワザンデルリンクアバドサラステとか?……

 

さて、このメンツの中でコンセルトヘボウとの録音がレパートリーの広範囲にわたって残されている方は?

いないのだ。

だからこそハイティンクは貴重。

ニュートラルな演奏を最高の響きで聴ける。これだけでもう充分すぎる。

 

オススメは第1にシューマンの全集。

 

シューマンオーケストレーションが下手?うまく振れない指揮者の言い訳ではないのか?

と思ってしまうほどの完璧なバランス、濁りのないハーモニー、自然なテンポ。

宝石としてピカピカに加工される前の少しくすんだ原石のような弦楽器、エレガントな金管楽器、天使のようにひらりと飛び回る木管、少し鈍重でほのぼのとしたティンパニ。そして個人的に特に好きなのはオーボエの音。

あまりに素晴らしくて語彙が追いつかないので、コンセルトヘボウ管弦楽団特集をいつかしよっと。

 

ほぼほぼ主要な作曲家の曲は網羅されている彼らである。オススメは数多い。

スタンダードとも言える正統的解釈で、テンポも早めで初心者にもイチオシのブルックナーの全集。サラリとした感触が印象的なブラームスの2番、チャイコフスキー4番の打楽器を中心とした巨大な響き。

演奏家の個性が作曲家の姿を曇らせることが無いショスタコーヴィチ(半分はロンドンフィルとの録音だが。)

武満作品唯一の外国人指揮者による演奏であるノヴェンバー・ステップスはあまりに柔らかくブレンドしたオケとピンと張り詰めたソロがチグハグなことがかえって和楽器の異質さが際立っていて面白い。

そしてオーケストラの響きの美質が全開となったアルプス交響曲

どの録音もホールで聴いているかのような録音が演奏に輪をかけて素晴らしい。

 

以上、コンセルトヘボウとのコンビばかりを取り上げてきたが、ベルリン、ウィーンの両雄、アメリカの幾つかのオーケストラやロンドン響などともたくさん録音を残しており、コンセルトヘボウ贔屓でなければそちらの方が良いという方も多いと思う。

 

中でも特筆すべきは、近頃仲良しのバイエルン放送響との録音

 

今の所私が知る限り、ブル5、マラ9、天地創造、ミサソレムニス、マラ3が出ているが、

全部ヤバイ。

ベルリンフィルティンパニ奏者のゼーガースだったか、

「箱があったら箱の中にちゃんと収まる演奏をするのがバイエルン、箱をはみ出す演奏をするのがベルリンフィル

この言い回しはオケの違いをよく言い当てていると思うし、箱の中にちゃんと収まるといえばかつてのコンセルトヘボウもそうだったのではあるまいか?

現在あの丁度良い音に近い音が出せるのは多分バイエルン放送響だ!

特にミサソレムニスの完成度はあのクレンペラー盤を超えて史上最高疑惑。

 

少し寂しい気もするが、

完全に今が人生の集大成。

現在87歳!、まだまだ元気で活動してほしい。。

 

 

 

 

広告を非表示にする